樋口万太郎@ボウズteacherの教育Blog!

樋口万太郎@ボウズteacherです。教育について自分が思っていることを語っていきます。

#129 ESDの視点に立って〜学習者の役割〜

ESDをみなさん知っていますか。

Education for Sustainable Developmentの略で、持続可能な開発のための教育と訳されます。検索すると、ESDに関連することはたくさん出てきます。詳しいことは検索してみてください。
ESDを行なっていく上で授業者の役割として以下のような役割が大切だと言われています。ただ、これはESDに限らずとても大切な役割ですね。教師主導から学習者主体へと変わっていくために、大切なポイントです。
・教材や人とのつながりを想像しながら授業をデザインできるコーディネーター
・問題の面白さ、課題に気づかせるようなインタープリタ
・子どもの活動を引き出し、 うまく実現できるように協力するファシリテーター
インタープリターという言葉は知りませんでした。