樋口万太郎@ボウズteacherの教育Blog!

樋口万太郎@ボウズteacherです。教育について自分が思っていることを語っていきます。

#349 自己紹介

 

研究会情報

 

boseteacher.hatenablog.com

 

 

 

樋口万太郎と言います。

万太郎という名前は珍しく、僕がGoogleで調べたところ日本で6人しかいない名前です。(自分が調べたので、正確かどうかは全くわかりませんが・・・)

 

boseteacher.hatenablog.com

 

 

坊主です。

「ボウズ界で5mm以上はロン毛」と言い出したのは僕です。

最近、バリカンで髪を切ってて、頭が切れました・・・・。

#ボウズ界の星野源 #算数界のボウズ

などのハッシュタグを持っています。

 

算数を中心に実践しております。

ありがたいことに、以下の本をこれまでに出版しました。

今はもう1冊、執筆中です。 

できる! 楽しい! アクティブ・ラーニング型算数授業

できる! 楽しい! アクティブ・ラーニング型算数授業

 
算数授業で学級づくり

算数授業で学級づくり

 
どの子も文章題に立ち向かえるようになる算数授業づくり

どの子も文章題に立ち向かえるようになる算数授業づくり

 
THE 算数・数学科授業開きネタ集 (「THE 教師力」シリーズ)

THE 算数・数学科授業開きネタ集 (「THE 教師力」シリーズ)

 

 

所属している研究会や学会は

・日本数学教育学会(研究部)

・全国算数授業研究会(幹事)

・関西算数授業研究会(副会長)

・授業力&学級づくり研究会(副代表)

 

boseteacher.hatenablog.com

 

・坊主の会(西の坊主) 

・ただただおもしろい授業を追求する会(副代表)

・Math Labo! (代表)

 

です。特にMath Labo! (代表)に力を入れています。

4月には、以下のような会をします。

www.kokuchpro.com

 

学校図書の執筆委員もしています。

 

最後に、僕のモットーです

・子どもに力がつくならなんでもいい

・自分が嫌だった授業を再生産するな

・笑顔

 

以上、僕の自己紹介でした・・・。フゥ・・・

#409「自分でハードルを上げていないか?」

これまでに子供達にしていきた話をまとめておこうと思います。

その第2弾です。

 

クラスの代表、

学校の代表など

様々なことに自分から立候補してほしい事柄があります。

そういったことに限らず、

全体の場で

発表をしたり、

意見を言ったり、

提案をしたりすると言った場が多くあります。

昨日の「ファーストペンギン」にもつながる話ではありますが、

自分たちでハードルを上げすぎていて、主体的に慣れていない・・・・

そんなことを感じました。

そんな時に、

「自分たちでハードルを上げすぎていない?そんなに難しく考えなくてもいいよ」

という話をしました。

そして、

「ハードルが上がりすぎたらどうなるかわかる?ハードルの下を通れるのよ」

と言いました。

「え!?」という子供達の反応がありましたが、

それほど、楽に、トライ&エラーの精神で取り組んでほしいのです。

何かあった時には、僕が全力フォローをするので!

#408 これまでに子供にしてきた話①「ファーストペンギン」

これまでに子供達にしていきた話をまとめておこうと思います。

twitterでTさんのツイートで初めて知った話です。

jinjibu.jp

全体の場で話をすることが恥ずかしいとき、

どうしようか迷っているとき

など率先して取り組んでほしいという思いから話をしました。

5年生にもなると「周りの目」が気になるというのもわかります。

だからといって、何もしなければ成長することはできません。

こういった話をし終わったあと、

「ファーストペンギンを目指す!」

と言っている子がいたのは嬉しかったです。

このファーストペンギンという話は子供達もわかりやすいようです。

#407 国語6つの視点で初発の感想

今年度、国語科では物語の初発の感想を書くときに、以下の視点を与えようと考えています。

 

f:id:boseteacher:20190412184802p:plain

 

本校ではタブレット、ロイロノートスクールを導入しているため、

それぞれの色のテキストに書き、

提出箱に入れ、交流をしてみました。

 

f:id:boseteacher:20190412185011p:plain

(ふるさと)

子供達にも、他社の考えや感想がわかりとても好評でした。

タブレットがなくてもこの6つの視点を提示し、取り組ませるだけできっと初発の感想が変わることでしょう。

#406 学年最初の物語文だから分析するための視点を確認

「あめ玉」の学習に取り組んでいました。

学年で初めての物語文の学習ということで、

物語を分析するための10の視点+α

①時や場所

②登場人物

③キーアイテム

④登場人物の心情

⑤語り手

⑥出来事・事件

⑦山場(クライマックス)

⑧言葉の面白さ

⑨主題

一文で表す

その他

を確認しました。

①〜③はXチャートで。

こういった共通する分析を行ってから、より読みを深めていきます。

こういった共通する分析をしていないと深めていくことはできません。

 

#405 常にざわざわしている雰囲気【1年生】

常にざわざわしている雰囲気【1年生】

f:id:boseteacher:20190413153056j:image


昨日、実習生から 黄金の3日間がうまくいかなかったのか、常にざわざわしている雰囲気なんですという悩みが届いた。

 


この時期の1年生は長時間椅子に座ったり、はじめての小学校、はじめての友達などと、まだまだ学校に慣れていない。

 


そして。一年生の子どもたちはとてもパワフル。

 


子どもたち自身も戸惑い、パワフルさを表現したいため、色々な子と関わりたいため、そして先生と関わりたいためにざわざわした雰囲気になっている可能性がある。

 


来週から

みんなで歌を歌ったり、

運動場で遊んだりしたらいい。

先生からの指示や説明をこちらが思っている以上に簡潔、明瞭にしたらいい。

 


そんなことでそのような雰囲気は変わるかもしれない。

 


なんにせよ、まだ始まって一週間。

黄金の3日間が過ぎてしまったからなんか思わなくていい。

これからいくらでも改善できるし、雰囲気も変わる。

 


とりあえず、来週からのことを考えつつもこの土日でリフレッシュすることが大切!

#404 1回目の道徳を振りかえって

金曜日に1回目の道徳の授業を行いました。

 

boseteacher.hatenablog.com

 1回目ということを差し引いても、

時間が足りなかった・・・。

慣れてきたら、もっと時間を短縮できるのかもしれないが、このままでダメである。

道徳みつけの後の全体交流をやめようかな。

今日は、通知表をつけた理由でとても盛り上がった。

そちらに時間を割いた方がいいような気もする。

何事もトライ&エラー

少しこの道徳のフレームを改良します。

また報告します。

 

#403 先生がみんなを叱るとき

 決して感情的にならないように!!言葉遣いも考えて!!


 

 


① 3回同じことをいったとき


子どもたちが盛り上がったとき、なかなか話をきけないときなど切り替える必要があります。そのときに注意ばかりしていては、クラスの雰囲気も悪くなります。そこで、同じことを3回言ったら鬼になるということを伝えるのです。


「静かにしなさい、1回目」「静かにしなさい、2回目」


といったように子どもたちにわかるように伝える。 切り替えるためのポイントを作ってあげるのです。


 (オードリの春日のようにハンドサインで示すのもあり)


怒鳴るのは最終手段。


 


② 自分を傷つけたとき


自分のことを悪くいったときやマイナスなことを言ったり、行動したりしたときです。


「どうせ、自分なんか~」「ぼくにはできないもーん。」「落書きしたれ」


 


③ 他人を傷つけたとき


人をいじめることはもちろんのことです。相手への暴力、暴言、陰口など許しません。


 


④ 命にかかわること